National Taichung Theater 台中国立歌劇院




2019 NTT-TIFA ドイツ・ライン歌劇場バレエ「マーラー交響曲7番」

種類
ダンス
上演時間
上演時間約80分、途中休憩なし 
会場
台中国立歌劇院 大劇場 
日時
3/9(土)14:30│3/10(日)14:30 
入場料金
500 / 800 / 1000 / 1200 / 1500 / 1800 / 2200 
重要なお知らせ

上演時間約80分、途中休憩なし

※ 開演時間に遅れたり途中退出をご希望の場合は係員の案内に従ってください

推奨年齢12

チケット

プログラム紹介

交響曲第七番はマーラーそのものを表している。聴けば聴くほど想像は無限に広がる。
マーラーの作品から、今までにない振付けが沸き上がってきた。

-振付師マルティン・シュレプファー

 

マーラーには「交響曲はこの世界そのものでなければならず、あらゆるものを包括しなければならない。」という名言がある。つまり交響曲は音や形式だけで成り立っているのではなく、世界を映したもの、すべての愛憎悲喜や壮大な闇を織りなすもので、その豊かさはこの世界をも超越する。作曲中にマーラー自身の人生は急転直下した。愛する娘が夭逝、ウィーン国立歌劇場音楽監督を追われ、心臓の疾患が見つかったことが、交響曲第七番に豊かな色彩を加え不安な息遣いが添えられるなど、人生の難題がそこかしこに感じられる。

 

作品は全5楽章からなり演奏は1時間を超える。シュレプファーが全交響曲に振付けを行った舞台は世界の縮影である。ダンサーは、ある時は靴を、ある時は先の尖った靴を、またバレエシューズ、時には裸足と、身体の動きによりこの壮大な交響曲を通し人生の大変さ表す。武営芸術の簡文彬アートディレクターが国立台湾交響楽団の演奏を指揮する。バレエと音楽を心ゆくまで享受できる作品。

 

 

スタッフ

振付け/マルティン・シュレプファー

スイスとロンドンロイヤルバレエスクールでバレエを学ぶ。バーゼルバレエ団に入り頭角を表し、バレエ指導、振付けも学ぶ。1999年、マインツ・バレエを結成。200910月にドイツ・ライン歌劇場バレエの芸術監督兼振付師に就任。一年後、ドイツダンス雑誌「tanz」で最優秀振付家に選バレエる。

シュレプファーの創作バレエは60作を超え、独特なモダンバレエの美学を打ち立てた。もっともクリエイティブで成功した振付師、バレエ監督の一人。バイエルン州立バレエ団等で振付けの仕事をしてきたほか、ファウスト賞、スイス・ダンス・アワード等、多数受賞。2020年にはウィーン国立歌劇場の芸術総監督に就任予定。

 


指揮/簡文彬 

衛武営国家芸術文化センター芸術総監督。国立芸専(今の国立台湾芸術大学)ピアノ科卒業、ウィーン国立音楽大学指揮修士。1996年から2018 年の22年間、ドイツ・ライン歌劇場レジデント・コンダクター1998年から2004年までパシフィック・ミュージック・フェスティバルでレジデント・コンダクター2001年から2007年まで国家交響楽団(NSO)の音楽総監督を務める。在任中、「定期コンサートシリーズ」、台湾人作品の委託創作及びレコーディング、「オペラシリーズ」等を立ち上げたほか、2006年のオーケストラ創立20週年の際には、華語地区では初めてとなるワグナー『ニーベルングの指環』四部作を上演。2014年から2016年、国立台湾交響楽団芸術藝術顧問を務める。20149月第十八回国家文芸賞を受賞。



ドイツ・ライン歌劇場 

16カ国43名のダンサーからなる。雑誌『タイムズ』に「表現力が素晴らしく、強くセクシー」と称される。2009年のシュレプファー芸術総監督の就任により立て直され、ドイツで最も成功しクリエイティブなバレエ団となる。2013年、2014年、2015年、2017年の4回、ドイツダンス雑誌「tanz」で「年間最優秀バレエ団」に選出。芸術総監督であり首席振付師のシュレプファーのバレエを解釈パフォーマンスするほか、世界のビッグステージやアートフェスティバルでクラシックバレエやモダンバレエの初演を行っている。

 


国立台湾交響楽団

1945年に創設された台湾で最も歴史のあるオーケストラ。台中の霧峰を拠点とし、ソフト、ハードの双方兼ね備えたオールラウンドのオーケストラ。創立以来72年、元団長の奠基や現団長の劉玄詠指導の下、多くの演奏を行い経験を積んできた。共演した世界のオーケストラや音楽家は数え切れない。前任の芸術顧問である水藍と簡文彬の指導により、楽団の基礎はしっかりと固まっている。古くからの伝統に新しい時代を取り入れ、台湾の人々の音楽生活を高め、調和の取れた社会を作ることを目標としている。




振付け/マルティン・シュレプファー

指揮/簡文彬

音楽/グスタフ・マーラー 交響曲第7番    

舞台・衣装/フロリアン・エッティ

照明/ボルカー・ワインハート

出演・制作ドイツ・ライン歌劇場バレエ

オーケストラ/国立台湾交響楽団

戻る

おすすめ