National Taichung Theater 台中国立歌劇院




2018 タイタンシリーズ-明華園戲劇総団 龍抬頭 龍逆麟 王子復仇記(王子の復讐)

言語‧字幕
使用言語:台湾語、字幕:中国語 
上演時間
上演時間約180分、途中休憩15分 
会場
大劇場 
日時
10/20(土)14:30、10/21(日)14:30 
入場料金
500/800/1200/1600/2000/2400/2800 
重要なお知らせ

 上演時間約180分、途中休憩15分

 使用言語:台湾語、字幕:中国語

 開演時間に遅れたり途中で退席した場合は、係員の指示に従ってご入場ください。

※ 推奨年齢:7歳以上

チケット

プログラム紹介

旧暦二月二日の龍抬頭

大雨が二人の王子の運命を変える

 

明華園創立88週年にあたり、首席ディレクターの陳勝国が改めて編集した古典的な大作『王子復仇記』。歌仔戲(台湾オペラ)が最も輝いていた時期の「内台連本戲(一つの演目を数日に渡って上演)」という演出形式を再現しただけではなく、2日に渡って「龍抬頭」と「龍逆麟」の上下二集を通しで上演する。これは当歌劇院では初めての試みである。誰もが敵わない無敵の小生孫翠鳳、丑角第一人者の陳勝在、当家小旦の鄭雅升と、明華園が誇る鉄壁の3名の名優が明華園の青年軍と劇団ファミリーを率い、王子の復讐劇を再構築した。再び巻き起こる『王子復仇記』の見事な完結編をお見逃しなく。

 

10/20(土)14:30 「龍抬頭」

性格が違う二人の苦境に陥った王子 一触即発の復讐劇

 

皇帝が皇陵「祿蓋峪」の修理を行っていたところ、雨により日程に影響が出たため、隠士に諫言を求め、三百名の宮女を解雇し帰郷させることとなった。宮女の秋月盈は、太子の趙頊の子を身ごもっていたため、太子妃によりこの機に乗じて解雇されることとなった。大雨は降り続き、皇陵にも水漏れがした。皇孫の趙漏は、名前に「漏」の字があることから、風水を迷信する皇帝により皇籍を剥奪され宮中から追い出された。秋月盈は宮中から下がった後、皇孫の秋宮還を産んだ。宮廷外に身を置く皇室の血を引く性格が異なる二人は、一歩一歩それぞれの人生を歩み始める。

 

10/21(日)14:30 「龍逆麟」

天と地の間  仇はどこから? 恨はどこから来るのか?
愛!は性別を超え 恨み!は時空を超える

宮廷では誰もが、秋宮還が「貞妃」の蓋頭紅(花嫁がかぶる赤い布)を取り去るのを今か今かと固唾をのんで待っていた。秋宮還は目の前にいる「貞妃」が愛しい恋人、問清風だということに突然気づく。母である秋月盈は屈辱のあまり怒る。父である趙頊に捨てられた恨、妻を奪われる仇、花語儂(皇后)にものすごい剣幕で迫られ、秋宮還は断腸の思いで、秋に問清風を処刑することを宣言した。新たな仇と昔の恨が織りなすなか、秋宮還の復讐は倍返しとなる。皇后花語儂を退位させ、王子趙漏を契丹王子に嫁がせることで復讐に加担させ、仇恨は時空を超え怒涛のように押し寄せる。

キャスト

陳勝福

陳勝福

芸術総監督兼プロデューサー

陳勝国

陳勝国

脚本兼総演出

孫翠鳳

孫翠鳳

俳優

鄭雅升

鄭雅升

俳優

陳勝在

陳勝在

俳優

スタッフ

 明華園戲劇総団

1929年の創立。歌仔戲の発展、衰退の浮き沈みを経験してきた。親しみやすい動きのある動きで舞台をわかせる。舞台は鮮やかに彩られ、生き生きとした演出、時代を反映した上演内容は、庶民の生活から生まれた歌仔戲を、野外劇場から国の芸術の殿堂で上演するまでに成長させ、瀕死にあった歌仔戲を、今では観客を魅了する文化的なクリエイティブ産業へと変貌させた。「東洋のオペラ」の創出を目標に掲げる明華園は、台湾の歌仔戲を世界へと発信している。足跡は世界五大陸に及び、その素晴らしさは国際舞台を魅了している。

戻る

おすすめ

關閉視窗

陳勝福 芸術総監督兼プロデューサー

陳勝福

明華園総団長兼芸術総監督。「精緻で、創意あふれる、東洋のミュージカル」を作り上げること目標とし、最新の舞台効果を用い、新しい劇作法を結合し、舞台のシーン展開をスムーズに行うことで、台湾の伝統劇及び明華園の世界舞台への進出を成功に導いた。

關閉視窗

陳勝国 脚本兼総演出

陳勝国

明華園戲劇団首席脚本家。1971年以来、野外での「口述幕表戲」は300本以上、劇場での歌仔戲の脚本も50本を超える。 1973年には『双槍陸文龍』で演劇コンテスト南区最優秀俳優優等賞を、1982年には『父子情深』、『済公活佛』、『劉全進瓜』の三作で戲劇コンテストに優勝し演出賞を受賞、2018年には国家文芸賞を受賞する。

關閉視窗

孫翠鳳 俳優

孫翠鳳

伝統戲劇の小生トップスター。生まれ持った資質と粘り強い努力で、伝統演劇界において、舞台、映像ともに演じられる数少ないオールラウンドな女優となった。歌仔戲の発展に大きな貢献をしたことから、文化総会より「推展戲劇有功人員(演劇の発展に功績あった人)」の表彰を受けた。また、1996年には、第33回「十大傑出青年」を、1997年には「亜洲最傑出芸人獎」を受賞。

關閉視窗

鄭雅升 俳優

鄭雅升

明華園の当家小旦で、動きが非常に細やかな気品のある役を演じる。真に迫った細やかな役柄の解釈は観客から大きな支持を得ており、アジア競技大会 アートフェスティバルで上演した『済公活仏』は非常にすばらしく、大きな反響を呼んだ。

關閉視窗

陳勝在 俳優

陳勝在

歌仔戲の丑角トップスター。舞台の雰囲気と観客の気持ちをしっかりと把握して演じるため、陳勝在の舞台は非常に盛り上がる。台湾の道化役で陳勝在の右に出る者はいない。舞台経験が豊富で、臨機応変な反応、弁舌さわやかなこっけいな仕草、全てに観客は抱腹絶倒する。