National Taichung Theater 台中国立歌劇院




2018 タイタンシリーズ─パリ市立劇場『戒厳令』

種類
演劇
会場
中劇場 
日時
11/9(金)19:30、11/10(土)14:30、11/11(日)14:30 
入場料金
600/900/1200/1500/1800 
重要なお知らせ

上演時間約100分、途中休憩なし

フランス語上演、中国語字幕

開演時間に遅れたり途中で退席した場合は、係員の指示に従ってご入場ください。

※推奨年齢:12歳以上

チケット

プログラム紹介

パリ市立劇場

戒厳令 L’État de siège 

 

これは、非常に暗く沈んだ作品だが、実は、一つの美しい世界、愛の力を呼び起こすものだと思っている。
演出家ドゥマルシー=モタ

Although it is a very dark play, I believe it actually evokes a world of beauty, of the power of love.
Emmanuel Demarcy-Mota



スペインの海辺のおそろしいほどに静かな町は、不吉な彗星が空をよぎると寓話に言われる災難に襲われる。ある一人の男が町を訪れ、残虐で暴力的に政権を奪取し、戒厳令を布告し、自らを「ペスト」と名乗る。

 

独裁者「ペスト」と女秘書「死亡」が次々と下す命令、監視、使役は、人々を恐怖に陥れ、服従させたが、一人の青年ディエゴが立ち上がり、暴政に反抗を試みる。生命と自由は、果たして軽いものなのか、重いものなのか。集団の意思に直面した時、あなたは流れにまかせるのを選ぶのか、それとも勇敢に立ち向かうのか。


フランスで人気の演出家エマニュエル・ドゥマルシー=モタとパリ市立劇場は2016年の『犀(サイ)』(Rhinocéros) の演出に続いて、この度、再度訪台を果たし、ノーベル文学賞受賞者で20世紀のフランス哲学者アルベール・カミュの戯曲『戒厳令』L’État de siège (State of Siege)を上演する。『戒厳令』は1948年に創作されたペストをテーマとした作品である。第二次世界大戦中の欧州を包んでいた何とも言えない鬱々とした雰囲気を表現した、カミュ自身の思想の本質を集結させた、反抗と人道主義をテーマとした作品である。70年後、ドゥマルシー=モタは現代の観点にたち、前衛的な敘事手法を用い、ニューメディアを用いて奇怪な寓話を解釈した。「生存の希望」は、今日の世界においても探求し続けられているテーマである。

スタッフ

演出家/エマニュエル・ドゥマルシー=モタ Emmanuel Demarcy-Mota

現代フランスの人気劇場演出家ドゥマルシー=モタは、1970年、舞台一家に生まれた。母親はポルトガル人の女優、父親はフランスで著名な演出家であり劇作家のリチャード・ドゥマルシー。子供の頃から劇場に出入りしており、青年時代には、劇場関係の作品を大量に読んだ。カミュの影響を深く受け、18歳で演出した最初の作品がカミュの『カリギュラ』で、これをその後の創作の基礎とした。現在は、パリ市立劇場の芸術総監督、及びパリの秋の芸術祭の芸術総監督を務めている。


原作/アルベール・カミュ Albert Camus

1913年に北アフリカの仏領アルジェリアに生まれる。第二次世界大戦勃発後、パリに移りジャーナリストとして活躍、フランスのレジスタンスに参加した。カミュの作品は、彼の生活の経歴であり、戦いに奮闘している一面と、他の一面には自身の理想が書かれている。正義と人道主義を渇望した。それは「反抗」の中の文学としてにじみ出ており、存在、行動、承諾に対し疑問を呈した。作品には『異邦人』、『シーシュポスの神話』、『ペスト』、『反抗者』、戯曲として『戒厳令』、『カリギュラ』等がある。1957年にノーベル文学賞を受賞。サルトルとともに、20世紀のフランス文壇及び思想の巨匠として並び称される。


パリ市立劇場 Théâtre de la Ville-Paris

フランスでもっとも重要な劇場の一つ。「世界に開かれた、全世界の市立劇場」と自負している。上演プログラムは、現代創作の支援や新人アーティストを育てること、そしてさまざまな世界の作品を紹介することに重点が置かれており、独特な芸術性を持つ、フランスに数多ある劇場のなかでも独特である。

上演プログラムは、芸術総監督のドゥマルシー=モタが中心となって演出を行っており、期的に提携関係にある創作団隊が結集しているため芸術性が安定している。また、モダン劇場形式により古典的な劇作家の作品を上演している。作品が上演されると、毎回好評を博し、世界各地から競って招待を受けている。


スポンサー

台中商旅集團logo.png


感謝单位
IF_Logo-RVB-01.jpg

戻る

おすすめ