National Taichung Theater 台中国立歌劇院




劇場概要

劇場概要



施設のご案内


台中国立歌劇院は、目で見、耳で聞き、そして全身で感じ取れる空洞建築構造であるのが特徴です。一歩中に足を進めると、建物の形に沿うかのように曲がりくねった水の流れ、明るいロビー、美しいフラワーアートが目に入り、安らかな心地よさに迎えられてハイクォリティーな劇場空間へといざなわれます。


赤い絨毯を2階に上がると、そこは大劇場。舞台では今、伝統演劇が演じられています。オーケストラピットに近づくと、反射板から最初に奏でられた音色が伝わり、劇場は一瞬にして音楽ホールとなり、指揮者のタクトの動きとともにオーケストラ演奏が始まります。大劇場の向かい側には中劇場があります。


ここでは、様々な演出スタイルの変化できて、演者と観客が演芸を通じて心の触れ合いを高められる劇場空間です。地下2階の小劇場は、舞台後方に昇降口が設けられており、屋外の円形劇場へとつながり、新鋭コンセプトのパフォーマンス空間をかたづくります。打ちっぱなしのコンクリート造りの水壁を隔ててバックステージにつながり、リハーサル室では演者が開演前に汗水たらして上演準備を行います。


透明のエレベーターで5階に上ると、そこは展示ホール。作品に魅せられしばし佇みます。振り返ると、コーヒーの豊かな香りに思わず誘われてしまうことでしょう。6階のスカイガーデンは、昼夜を問わず魅力的な姿を見せます。

台中国立歌劇院の様々な空間は、創作エネルギー溢れるアーティストや演者を魅了し、ここが己を表現する己の舞台だと気づかせます。そして、観客の皆様にとっても、身近に芸術を楽しんでいただける空間です。


劇場の貸出申込みに関しては、10月の中旬か下旬に公式サイトにてお知らせします。

ご利用申込み:(04)2251-2333内線147、148

技術的な問合わせ:(04)2259-2892

Email:bookings@npac-ntt.org